■レジ袋削減の為、レジ袋の有料化になった為に、よくあるクレーム・・・・
  1)一番困っているのは、紙のばら売り・・1枚をお買い上げのお客様から、良く出ます・・
このまま、もっていけというのか??
  紙の扱いには以前から、色んなクレームがありますが、レジ袋有料化になってからは、この1つが中心です。歩いてきているのに、この1枚をぶらぶらさせて帰れというのか・・などはよく言われます。紙が曲がらないように、パンフレットなどに、挟んでお渡ししていますが、それでも言われる場合は、こまってしまいます。3円でレジ袋を購入していただければいいのですが・・・・

■店内が暗い・・・
全店イメージとして、街の倉庫・・のような存在をテーマにしています。普通の店舗のように明るいイメージとは多少は違いますが、ご理解を賜れば、幸いです。

■包装について・・・
いつかは完全簡易包装をと考えています。ご理解を賜れば幸いです。

■お客さん同士での言い争い・・・
なんともびっくりしますが、まったく知らない同士のお客様が、何かがきっかけで言い争いになり、収拾が付かなくなる事があります。時代は混沌としてきていますが、いやはやなんとも・・・

■小さいお子様について
何故だか、小さいお子様は店内で走ります。他のお客様にぶつかったり、お客様の買い物のご迷惑になる場合に、店頭でご指摘を受けます。
あきらかに問題と思えるような場合は、親御さんにお話するようにしています。

■万引き
困ったものです。時々親御さんが謝りに来られますが、その光景に心が痛みます。
最近は中学生以下だけの入店をお断りします。というお店も増えてきているようです。万引きの現場を目撃されたお客様より、お叱りの言葉をいただくこともあります。「こういうことをさせる店は最低だ」といわれた事がありました。本当にそうだと思います。地域に根ざす商いを営む者として恥ずかしい姿です。
しない・させない・ゆるさないという標語がありましたが、私どもも将来のあるお子様の事を考え、させないという青少年育成の観点で取り組んでおります。

監視カメラも各店に配備中でございます。かなしい現実ですが、対策を講じております。

■つり銭
年に数回、発生しております。渡した・渡さないです。POSからその場で確認できますので確認のお時間をください。

■領収書
ジムランドのレシートには領収書と記載されていますので、領収書としてもご利用になれます。
先日、手書きの別の領収書とレシートをお渡しした際に、お客様から「領収書の二重発行ではないか」とのご質問がありました。早速当方会計士に確認しましたが、内容は下記の通りでした。
レシートは感熱紙ですので、時間が経過すると文字が消えてしまいます。よってご希望のお客様には手書きの領収書を別にお渡しするという形をとっています。これは好意として発行しています。この形は経理的には問題はないそうで、手書きの領収書をお渡しする際にレシートを明細として渡すことも問題はないそうです。レシートの領収の文字を線を引いて消すという所もあるそうですが、法的には問題ないということだそうです。よって明細が必要なお客様も多いようですので、このような形を取っています。