とにかく、一番多いのは、価格表示に関わる内容です。棚に貼ってあるPOPと違う商品が実際にはあり、価格が違う・・という内容が圧倒的です。商売は約束が大切です。そのひとつである販売価格・・・これは大変重要な問題と考えております。価格表示POPも定期的に張替えを実践し、防止策に取り組んでおります。何分、文房具やである事にこだわり、アナログの雰囲気を壊さないように店作りを進めている関係、価格表示は完全手作りです。両面テープでとめて・・という感じなのではがれて、同じ場所に戻らないという事が現場であるようです。申し訳ありません。中にはお客様が商品を途中で断念され、その場所においていかれるケースもあるようですが、基本は当店のメンテナンスのお粗末な事が問題です。日々改善に努めています。
【別のお話】
中にはわざわざ価格のシールを張り替えて、レジに抗議に来られる方もおられます。ひどい方は、棚とPOPの違う商品をいくつも、何度も、その都度レジに持ってこられる方もおられます。一番びっくりしたのは、価格が違いますとレジに商品を持ってこられたのですが、よく見ると、他店の価格シールが貼ってありました・・・

■返品できないのか・・?
次は返品です。この内容は繊細で、お店がどこまで返品を受け付けるか・・・という問題になるようです。開封された商品、2ヶ月以上も経過した商品・・・本当に回答に困るような場面が多々あります。ジムランドでは、未開封・未使用の商品でお取り寄せ品以外は、レシートを持参いただければ、1週間以内はお引取りしております。常識の範囲内で対応して頂ければ・・と思っております。

ボールペンが書けない・・・
この内容でのご質問やクレームが結構たくさんあります。これだけ文明が進んでも、20年前と同じクレームが商品的にある事に、少し不思議な感じもしますが、特に夏場と冬場に殺到します。構造的に言えば、ペン先のボールに紙くずがつまったり、インクに空気がはいったかのどちらかのケースがほとんどですが、購入してすぐの場合は当店では、新品と交換させて頂いております。

商品の品切れについて
いつも買う商品が品切れで、今日使うのにどうするんだ・・・とお叱りを受けることがあります。定番在庫品である商品の場合、本当に申し訳なく思います。当店を頼りに、また信頼してお買い物に来られたのに・・・・商品の定番在庫品は、数ヶ月の売上動向を元に、基準在庫数が決められ、その在庫数より減った分だけが補充されるシステムになっております。たまたま数が出てしまい、ご迷惑をおかけすることもあります。発注から入荷までの、リードタイムを少しでも短くしようと、日々精進しておりますが、豊富な在庫を持って運営できるほどは、儲かっておりません。そのあたりは、暖かく見てください。品切れした場合(定番品の場合)平日なら2日では補充されています。また店頭でのお取り置きもしております。お気軽にお申し付けください。

同様に、いつになったら入荷するのか・・?
というご意見も多く寄せられます。入荷もなく、ずるずると陳列され、廃棄を待つのみという商品の陳列が原因です。お叱りを頂戴後、継続商品と廃棄商品をより明確にして店頭での展開を考えています。長期入荷が遅れているような商品には品切れ案内POPを、また定番落ち商品は速やかに撤収するように改善しました。またメーカー廃盤商品については、今後の補充はありません、という案内をだすように改善しました。